「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧


凶暴な。。。

実がなるまでゆっくり寝てこ~~

と 思ったら

やばい。。。黄色くなり始めた
これは花山椒だ!!!!ということで

つぼみと、まわりの柔らかな葉を摘みとりました
c0055857_23435585.jpg

まだまだ若い木なので、56グラムほどしかとれませんでした

お酒たっぷりな中で、下煮して、みりんを加え、様子を見ながら
しょうゆを足しました。

私の頭の中にある味は、ずっと前に有馬温泉のお店で買った
花山椒の佃煮です。
ほとんどしょうゆが入っていなかったような気がする。
あっさりとして香りがよい あの味を目指したかったけれど
インターネットで見た作り方に ついつい洗脳されて
いりつけてしまった。。。

そして味見

その辛み  かなり凶暴
口の中が火事でございます。。。。。。。。
しびれております。。。。。。。。。。。

キッチンでは、
c0055857_23442946.jpg

りんごCOBOやら麹甘酒、塩麹やら 怪しげなものが増えまして。。。。。
これも日本からのお持ち帰り情報です

まだ舌がびりびりしてる。。。。。山椒は 花もピリリとからすぎ
[PR]

by setauket | 2011-04-27 23:47

戻り

11日、12日と強い余震で、すっかり 私も地震酔いを経験して
12日に戻ってきました
帰りの飛行機も 3席独占で横になって楽々と帰ってきました

本を読んでいると
「オーロラが 見えますよ」
ブラインドを開けると カーテンのような形の大きなオーロラが
くっきりと見えました
これも神様からのご褒美なんだろうなぁ

この旅行は、わたし自身は ただただ楽しんできた旅でした
でも、どう考えても、この旅は、神様が計画されて、私の背中を
押されて行ってきた旅のような気がします。

私自身には、私が日本に行ったからって、なにが変わったわけでもなく
何が起きたわけでもないと今でも思っています。

でも神様の目からみたら なにかご計画があったんだろうなぁ

「行け 」と言われたから 行った
それだけだけれど、神様に従うって そういうことなんだろうね
オーロラは それのご褒美かな?って勝手に思っちゃったわ

それほど、極寒の現地に行っても、オーロラが見えるとは限らない
ことなんだって テレビでみたから そう思うのかしら?

c0055857_1491770.jpg

お土産にいただいた 塩釜のお酒です
この醸造元佐浦さんもどうなったのか友達が心配していましたが、醸造を再開できたようです
この樽仕込みのお酒、飲んだ後に口に残る香りがよい おいしいお酒でした
ありがとうさんね
[PR]

by setauket | 2011-04-26 01:53

花見

c0055857_1275098.jpg

どうも この子たちは、メスらしい
ということで、 実がなるまで 
c0055857_1282458.jpg

しばし 寝て待とう

c0055857_1292768.jpg

この子は 花が咲いたので 
人工授粉 
ミツバチさんがいないので、 小さな刷毛で くちゅくちゅくちゅ
こんなんでいいのだろうか。。。。。。、。
c0055857_1303699.jpg

「今週は 天気予報が 成り立ちません」という変な天気予報
この日も雨予報でしたが 久しぶりの上天気
やっほ~~ お花見お好み焼きランチです

c0055857_1325229.jpg

白いさくらの 花吹雪の中のご飯 おいしかったね
[PR]

by setauket | 2011-04-26 01:45

さて どっちだ?

寒いなりにも 春が来ていて
c0055857_153666.jpg

庭の山椒の木に なにやら花の芽がふいているよ~

山椒は、雌雄別々の木があって 花が咲くのは雄
実がなるのが雌だそうで。。。。。。

もし花山椒なら 黄色い花が咲く前に摘み取って
花山椒の佃煮をつくろう

実山椒なら 実がなるのを待って 実山椒の佃煮をつくろう
c0055857_1561752.jpg

で これはどっちだぁ?

しばらくこのつぼみと にらめっこemoticon-0108-speechless.gif
c0055857_1575599.jpg

去年植えた さくらんぼの木にも花が咲きそう
花が咲いたら 受粉させなきゃ って 張り切ってます

c0055857_234062.jpg

「おかん 散歩 忘れてない?」
「あ!窓ガラス掃除するの忘れてた?」
「また とぼけてぇ~」
[PR]

by setauket | 2011-04-23 01:59

温泉旅行

c0055857_2339275.jpg

パパちゃんのおかあさん 93歳
ふつつかすぎる嫁(あ た ち)に湯たんぽを入れて下さったり
セーターのほころびをつくろって下さったり
ありがたいですよ  かわいいでしょ

ここから旭川へ
飛行機が 旭川の上空にきたら
ま~~~~っしろ
4月2日の旭川は、雪に覆われていたよ~~
冬に逆戻りは つらい。。。。

今回の日本行は、父とおばをどこかに連れていこう企画
長い冬の間、弱ってしまった体力を、どこかで調節してあげようと
考え、NYに呼ぶか、伊豆かどこかで湯治なんかもいいなぁと
いろいろ見ていたのですが、地震が起きて、関東方面も
毎日揺れるので、断念。

おばが、「どこか 気分転換した~~い 」
ということで、道内で、ちょっと遠くで、旭川よりも暖かい
登別温泉に行くことにしました。
札幌から90分かかりますが、ホテル無料バスが出ているのは
うれしい!
旭川から札幌は、2時間弱、そこから90分なら、体力的にも問題ない!
今、自粛とか、外国からの観光客が激減しているから、行ってあげるのも
いいんじゃないということで、行って来ました

c0055857_235232.jpg

だまってりゃ いい男なんだけどなぁ~~
耳が遠くなって、大音声でずっとしゃべりっぱなしのじいじ
さすが2日目からは静かになったわ げへ
ホテルは、まほろば   ひろい露天風呂が目玉です

登別温泉は、近年台湾からの観光客でにぎわってましたが、
台湾政府が、日本への渡航を制限しているので、どこもここもひっそりで
気の毒でした。
c0055857_23593795.jpg

登別温泉は、小学校の修学旅行で来て、大きな湯船に驚いた思い出があるわ
c0055857_031569.jpg

へぇ~~ どおりで、温泉の中に、いろいろな質のお湯がはってあったわ
c0055857_05596.jpg

地獄谷でございます 
c0055857_061642.jpg

クマ牧場 
c0055857_0113250.jpg

カルデラ湖の クッタラ湖です
ほぼ円なんだそうですよ
c0055857_0141752.jpg

春の使者 フクジュソウ  久しぶりにみて うれしかったなぁ
c0055857_0154536.jpg

源泉かけ流し の内風呂でご満悦のじいじです
このお湯 本当によかったなぁ
ひえが止まらなかった叔母が二日目からは「暑いねぇ」っていってたよ
2泊3日の観光旅行 楽しかったなぁ
[PR]

by setauket | 2011-04-23 00:18

鎌倉

姪っ子の休みに合わせて
「どこかに 春を探しにいこう~~~」

伊豆? 箱根? 

「文恵ちゃん 私 地震以来 乗り物酔いがひどくって。。。」
多くの人が  地震酔い状態らしいです
まきまきも、いつもゆれている感じがするし、電車さえも
長く乗ったら 吐き気を感じるようになったらしい

でもって、鎌倉なら近くっていいかも~~
ということで、行ってきました

地図も、インフォメーションもなにも持たずに北鎌倉で
電車を降り、そこにあった 円覚寺に寄ってみました
c0055857_23232698.jpg

さくらのつぼみが 膨らみ始めていて、 この日の暖かさで
どんどん開いていくようすが なんともいえず うれしかったわ
c0055857_23263413.jpg

幹の半分ほどが 朽ちかけていても 花を咲かせている木をみて
「いやぁ 今 一番うれしい 光景ですね」
c0055857_23283344.jpg

円覚寺は、山寺なんでしょうね 山全体の自然を、そのまま境内としてありました
c0055857_233918.jpg

国宝 舎利殿 迫る山がいいですねぇ~~
山をわたる 鶯の声も 春一杯をかんじましたよ~~

汗ばむほどの気温の中、 ここから歩いて
c0055857_23425712.jpg

八幡宮
江ノ電にのって
c0055857_2345313.jpg

大仏さんに会いに行ってきましたよ

その帰り 「?!!!! ん!」
小さなお店のピカピカの小豆に 目が釘づけ!
中に入ってみると ご店主が厳選された豆類、乾物類が並んでました
え~!! 今回買って帰りたいと思っていた 本枯れ鰹節が
さりげなくかごに置かれていた~~~
かく久の八丁味噌とともに 思わず購入
今回 日本から買って帰りたいけれど、どこで買ったら
いいの????って思ってたのに
観光の途中で 見つけさせて下さった イエス様って
素敵すぎ!!!emoticon-0115-inlove.gif

このお店は 石渡源三郎商店さんです
c0055857_044546.jpg

私の中では さくらは復活の喜びの花

さて!明日から じいじに会ってくるぞ~~
元気 復活!
[PR]

by setauket | 2011-04-21 00:06

明日をつくるために

c0055857_532726.jpg

亘理城。。。。。ではなくて、JR亘理駅です
今は、休業中   早く回復するといいね
c0055857_554320.jpg

はい こんにちわ
あたしゃ 17歳のママでごじゃいます
震災の時は、あたしのご飯を心配してくださって ありがとうさんでした
わんこご飯がなかったときは
毎日おいしいものをいただいてまして
今更 シンプルすぎるわんこご飯なんて喉を通るわけが
ないですよねぇ~ はぁ~~
c0055857_5115153.jpg

ママァ~~おいちいのきたわよ~~
c0055857_512435.jpg

あ~~やれやれ これでようやく ご飯が喉を通るわねぇ

仙台に行く前に、銀座のど真ん中から電話をかけて
「なにか買っていくものある??」
「トンビに油揚げ!」
なんのこっちゃ!と思ったら
c0055857_5161438.jpg


この子だ!
朝からピーヒョロヒョロヒョロと、ご飯を催促しまくりで
窓を開けて 油揚げを一枚 放り投げると
さ~~~っと飛んできて、くわえて飛び去る
トンビのとんちゃん(って 勝手に命名)

というわけで、何もお手伝いできないままに
震災見舞いを終えて、バスで東京に向かいました
バス旅行は、けっこう好きかも
途中3回くらい休憩があり、その土地の名産なんか売っていて
それを見るだけでも楽しいしね

道すがら、春の畑の準備をしている人たちもみかけ、
世の中がどうであっても、
「明日をつくるために、今日を生きる」
そんな人間の強さを見た思いがしました。

がんばれニッポン 頑張れ 東北
[PR]

by setauket | 2011-04-19 05:30

仙台へ

午後5時発 10時半着のバスで仙台へ
隣には、仙台の大学3年生の女の子が座っていて、
「東京へ就職の面接に行った帰りです」
「厳しい就職状況なのに、この震災で、ますます厳しくなりそうです」
若い子たちの未来を祈るばかりです。

「ガソリンがないので、歩く覚悟してきてね」と
言っていたのですが、ガソリンを調達して、迎えに
来てくれていました。

みんなの顔を見て、本当にほっとしました

次の朝、仙台の家から彼女の仕事についてクリニックに
行きました
c0055857_2352082.jpg

走っているところから、海なんて見えないよ
c0055857_2372193.jpg

でも そこは津波の爪痕がくっきりと残っていました
文恵ちゃん 見て!田んぼの中に黒くいくつもの一直線の足跡が
ついているでしょう  自衛官が一列になって犠牲者を探した跡だよ」

つらい現実が、ずっと続いていました。
c0055857_2318108.jpg

c0055857_2318268.jpg

写真を撮るのも 祈り と思いつつでなければ撮ることができない
悲惨な現場が続いています

「高速道路も、このあいだまでは、段差などがあって、通れなかったんだよ
ここの道路も、今は、きれいに片づけてくれたので通れるようになったんだよ。でも釘とかが落ちていて、パンクするかもしれないので、ゆっくり行くわ」

被災地を、一刻でも早く復興したいと、働いて下さっている方々に敬服!
中の道路に入るにしたがって
c0055857_23313834.jpg

手つかずの状態の津波のあとが残っていました

c0055857_23254432.jpg

これは、前に行った時の写真
すぐ目の前が海 だから本当に心配した 
その反面 向こうに見える松林に期待をかけ、祈り続けていました
c0055857_2329930.jpg

家はどっしりと建っていました
水のあとは、一階のかもいまでで止まっていました
ドアに見える赤いノートは、愛知県消防隊の方々が中をチェックして
、ご遺体がないことを確認してくださったしるしです。

にも関わらず!
中に入り「文恵ちゃん あれ足じゃない?」とカバーのかぶった
ゴルフクラブを指さし 私を脅かす るみこ~~~
c0055857_2340272.jpg

重い、重いグランドピアノも天地さかさまに転がっていて
c0055857_234055100.jpg

洗濯機を乗せていた板が、洗濯機の上に乗っかっているし
水の脅威は、あまりにもすさまじい
c0055857_2343572.jpg

塩水に浸かった、庭の椿   
花は開くのだろうか。。。。

c0055857_2345135.jpg

レスキューした食器たち
不思議なことに、食器類は、まったく割れていなかった

すさまじい状況をみて、友達に「あなたが生きていてくれただけで
私は、幸せ!」とつぶやきました
もし津波が夜だったら、この家に寝泊まりしているご主人は、音を聞いて
階下に降りただろうし、助かったのかどうかもわからない

c0055857_23524167.jpg

松林は、消えていました

海岸を通る人がいたので、手を挙げてあいさつすると、
岩手から来て、ここいらへんの下水道を工事しているという方でした。
「オレね、昨日まで怖くて聞くことができなかったけどね」と
裏にある、保育園の子供たちのことを話してくれました。
いつもは、3時まで昼寝だけど、地震があったとき、保母さんたちが
子供たちを、たたき起こして、どこからかマイクロバスを調達して
逃げれたんだそうです。
「オレ、それを聞いて本当にホッとしたわ」
c0055857_2359287.jpg

これがその保育園
本当によかった! 
いざという時のために、前から対処策を決めていたのでしょうね
素早い判断が、命を守ってくれました 

彼女の家は、海近くなので、家の中には、がれきが入ってきていませんでしたが、あまりにものヘドロで、片づけのお手伝いなんかできるわけもなく、その日は、そのまま帰ってきました。
あとから「戻って、片づけてあげたい」という思いが、ずっと離れなかった。
できることなんて、少しでも、でもなにかせずには、おられない
今でも、そんな気持ちです。

こうやって、ブログに残すことも、彼女への思いからです。
いつかこの地が災害から立ち直ってきれいになった時に、
そういえばあんなにひどかったんだよねって言える時が来る。
それを信じて、ブログに残しました。

今は、やることが多すぎて、強い彼女もつぶされそうです。
そんな彼女に、頑張れなんて言えない。
「今すぐにでも、彼女のそばに行きたい」という私の思いを、
祈りに変えて、彼女に、被災地に届けます。
[PR]

by setauket | 2011-04-16 00:10

2日目

ホテルの朝食バイキングを 頂き
椿、沈丁花が香る 早春の庭を散策
やっと水仙の芽が出始めた我が家の庭より
少し早い春を楽しみました

その後、空港に戻り、プリペイド携帯電話を設定
してもらってから、横浜のお家へ

仙台へ行くバスが通ったというので、インターネットで
ちょっと見てみたら、2社のバスともどれも満員。
かろうじて、夜行バスのみ空席。
「そうだろうね 新幹線が動いていないので、
そこに集中するだろうね。。。。。」

仙台の友達との電話の会話
「行って片づけを手伝いたいけど、バスが満席だわ」
「文恵ちゃん 津波のあとを目に焼き付けにおいで」
「でも夜行便しかないし~~」
「睡眠薬送るから、寝ておいで!」

こんな強硬なことをいう彼女は、初めて!
それほど彼女はいっぱいいっぱいなのかも知れないと、
もう一度インターネットで、バスを調べなおすと

「え???なんで??? あったわ!」
旭川行の飛行機も、問題なく変更できそうだし、帰りのバスも
ちょうど良い時間が空いてるし。。。。。
仙台へ行くバス会社は、4社くらいあり、様子をみて増便している
ようでした。
まるで神様が「行け!」と言われておられるように、すべて
スムースに運びすぎ。。。。

彼女に、再確認をしてから、チケットを予約。

手伝いに必要な、厚手のゴム手袋もGet!
(でも 手が付けられないほどの 現場の惨状でした)
[PR]

by setauket | 2011-04-15 22:57

日本行き 1日目

本当になにもかもが不思議な 日本への旅でした。
行くことを決めたのからして不思議です。
父と叔母が、NYに行く! 
と決めたので、迎えに行くためにチケットを取ったその日に
「体調が悪いので、行くのやめるわ」

げげげげ キャンセルしても半分しか戻って
こないぞ~~

そして次の日が3月11日 大震災と、大津波が発生した日でした
それ以降だったら、私はチケットを取っていませんでした
多くの人が、歯医者さんまで「行かないほうがいいよ~~」
でも、パパちゃんが「大丈夫!行っておいで」

行く飛行機は、ガラガラ 3席とももらって、足を延ばして
横になっていけました
c0055857_22191455.jpg

あれ~~~?日本行の飛行機が我が家の上を通る?
なんでだぁ?不思議!
パパちゃんの仕事場も見えるし、大好きなビーチもよく見える~~
なにか嬉しくなっちゃうわ

飛行機は、ANA NY発午後5時 日本着午後8時半
でもあまりにも軽くて、7時には到着でした
その日は、日航成田ホテル泊り
1泊朝食込みで6300円
期限直前のマイレージを金券に交換していたので
自腹1300円で ゆったりさせていただけました。

ホテルのロビーから、IPADでスカイプで、あちこちに
電話を掛けることができ、便利でした。

「文恵ちゃん 原発の件もあるし、来ないほうがいいよ」
って言っていた、仙台の友達も
「文恵ちゃんの 声を聴いたら 元気になった!」
って言ってくれて、「来てよかった!」って思えたよ

お風呂に入って、ゆっくり眠ったよ
[PR]

by setauket | 2011-04-15 22:35
line

ケンタのNY田舎日記だす   ジェームソンとステラも加わってにぎやかだす


by setauket
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30